介護ホームの介護支援専門員

介護ホームの介護支援専門員は、入居者、家族の希望並びに入居者について把握した課題に基づき、提供されるサービスの目標、達成時期、サービスを提供するうえでの留意点を盛り込んでサービス計画などの原案を作成します。

介護保険制度において、サービス計画は、要介護認定及び要介護状態区分がなされた後、要介護者などの依頼をうけて作成されます。



サービス計画書は、要介護者など及びその家族の生活全般を支援していく観点から、サービス計画書の作成に際しては、保険給付の対象となる介護サービス・介護予防サービスのみならず、近隣住民やボランティアの協力なども視野に入れて作成されることが求められます。

介護付き有料老人ホーム情報を参考にしましょう。

介護ホームでのサービス計画書などの作成に際しては、入居者又は家族の参画も得ながら行われることが望まれます。

介護支援専門員による訪問調査結果をもとに、サービス担当者会議において入居者やその家族も参画し、その内容について入居者の承諾を得ます。

要介護者及び要支援者に対しては、個々に解決すべき課題や状態に即した介護サービスが適切かつ効果的に提供されるよう、保健・医療・福祉にわたるサービスが総合的、一体的、効果的に提供されるサービス体系が確立される必要があります。

マイナビニュース情報サイトを利用しましょう。

このために介護支援サービスの機能が制度に位置づけられています。職員間の連携・協働できる環境を整え、多職種間の連携協働体制を構築することで、主治医と介護ホームの多職種の連携の充実が大切です。