介護ホームを探すなら

近年、日本は国民の4人に1人が65歳以上という超高齢化社会に突入しました。


この急速な高齢化によって、多くの社会問題が発生しています。


高齢者の孤独死や高齢者ドライバーによる交通事故、老々介護など、日本は高齢社会に対しての対策をしっかり練っていかなくてはいけない状況に陥っています。


そのような中で、単身高齢者や夫婦二人世帯の高齢者が安心してその老後を生活していくための介護ホーム選びは非常に関心が高いものでしょう。

介護ホームは大きく2種類に分けられます。


国や社会福祉法人が運営する特別養護老人ホームと民間企業が運営する有料老人ホームです。

前者と後者を学校に置き換えて簡単に説明すると、前者が公立で後者が私立に置き換えることが出来ます。

エキサイトニュースに関しての情報を紹介しているサイトです。

特別養護老人ホームは費用が生活する安い反面、入所するまでに100人待ちなど、非常に入りにくくなっており、介護度が高い順番に優先して入るようになっています。
そのため要介護度が低い人たちはなかなか入所する事が出来ません。

また夫婦で入所を考えられている人たちは順番で入所するものですから、施設自体がバラバラになってしまう可能性もあります。


一方、有料老人ホームは入居費用や生活費用はある程度かかりますが、独居世帯はもちろん、夫婦二人の入居が可能であり、介護サービスも行き届いています。
もちろん、民間企業が参入しているので、施設環境も特別養護老人ホームよりもしっかりしています。



最近では管理栄養士の指導のもとでホテルやレストランと提携して質の高い料理を提供していたり、外出サービスなども遠方への旅行などのサービスも行っています。
もしあなたが介護ホーム選びを検討しているならば、有料老人ホームがおすすめです。

介護施設を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。